融資は返済が必要だけれどファクタリングは返済がない

ファクタリングは事業資金の調達方法としてしばしば着目されるようになってきましたが、融資との違いを理解できているでしょうか。この二つの仕組みの違いとして最も大きいのは、融資は借り入れなのに対して、ファクタリングは資産の売却だということです。融資はこれから実施する事業のために必要な資金を調達し、期間をかけて返済をしていく形になります。しかし、ファクタリングは売掛債権を譲渡する対価として現金を受け取る資産の売却なので借り入れではなく、返済の義務を負うことはありません。売掛金をファクタリング業者が回収するというプロセスが発生するだけで、自社からは現金が直接出て行ってしまうことはないのが特徴です。

返済ではないファクタリングのメリット

ファクタリングは借り入れをして返済をするという資金調達方法ではないため、取引がファクタリングの契約をした時点で基本的には終了する仕組みになっています。ファクタリング会社は売掛先の企業に請求をして売掛金を回収するのが基本です。このときにもし売掛先が倒産していたり、どうしても売掛金の支払いができなかったりしても、自社は売掛金分のお金をファクタリング会社に支払う義務はありません。ファクタリング会社が売掛債権を買い取って行使できるようにする譲渡契約をするので、回収できるかどうかの責任はファクタリング会社が負うことになります。そのため、もし売掛先の経営が不安定で売掛金を入れてもらいない可能性があるときには大きなメリットになる資金調達方法なのです。

事業資金とは、新しく事業を始める際に必要な資金のことです。例えば人件費や原材料の仕入れ費用、設備への投資などが含まれています。